Job Hunting & Job Change

web系の職種には何がある?おすすめは何なのか?

我々の生活にネットが深くかかわるようになって10年以上が経ちますね。今や、ネット通販での商品購入、ネットで銀行取引、更にはネットで仕事もできる時代です。そんな中、web仕事なんてものがあります。どういった仕事があるのか、どういった求人がおすすめかなどを紹介していきます。
webの仕事というのは、単純に言えば「webサイトを作る」仕事です。その中でもサイト制作や運用の幹部であるプロデューサー、ディレクター、プランナーから、制作や運用現場で直接仕事するデザイナー、クリエイター、ライターなどがあります。
プロデューサーとは、サイト制作や運用の総トップ、企画責任者です。クライアントとサイトについて議論しあったり「こういったサイトにしたい」などの希望を聞いてあげたりします。ディレクターは、デザイナーなどサイト作成や運用に直接携わる人を総まとめする人です。プランナーとはサイト設計者です。他にも、技術系のデザイナー、美術系のクリエイター、文書作成のライターがあります。
ではどの求人がお勧めなのかというと、ネット通販です。ネット通販の仕事は、集客数を上げるための創意工夫、メールや電話でのクレーム対応などの大変な点は存在しますが、一方でネット通販は利用者数がとても多いので、それに応じて求人数も多いです。求人数が多いという事は、それだけ自分に合った条件に出逢える確率が高いというわけです。

最新の記事

記事一覧

Top